省配線モータ制御ステーションTH-A0073

概要
  • Motionnet®を用いた省配線システムのためのモータ制御ステーションです。
  • 各社のパルス列制御モータドライバをステーションあたり最大2軸まで接続できます。
  • 各軸最大6MHzパルスレートの軸制御が可能です。
TH-A0073


  • 現行のモータドライバ資産を変更することなく、省配線に移行できます。
  • パルス入力タイプのモータであれば、各社・各種の幅広いモータに対応可能です。
  • 同期制御・補間制御に対応しています。
  • 省配線性をさらに改善しました。
    • モータドライバのスター結線が可能です。
    • モータドライバケーブルのグループ化が可能です。
    • モータドライバ近傍にTH-A0073を設置することにより、ドライバケーブルを最短化できます。
    • 通信ケーブルを通じて電源を給電(Power Over Motionnet)できます。
    • 隣接するパルスジェネレータに対してケーブルの余長を取る必要がありません。
    • Motionnetケーブル接続にはシールドRJ45コネクタを使用します。
  • ドライバへの結線作業の容易なフラットケーブルインターフェースもご用意しています。
  • 省スペース :基板タイプ(標準)、スタック可能、DINレール取り付け可能です。
  • Motionnet®マスター(弊社SPC7000, SPC5000, SPC2000,  ファンレスPC、TH-A0030BTH-A0036C ワンボードコンピュータ)のスレーブとして動作します。システム構成例は下図をご参照ください。
Sample Configuration


ハードウェア仕様
Motion ControllerG9103B×2chを実装
対象モータ各社のパルス入力タイプのモータ
コネクタドライバ接続50pin 3M MDRシリーズ(またはKEL8831E-050-170L)
センサ接続20pin 3M MDRシリーズ(またはKEL8831E-020-170L)
Motionnet接続RJ45×2
電源接続CONB 2pinまたはPower Over Motionnet経由
環境仕様動作温度0∼55℃
動作湿度10∼90% ただし結露なきこと
電源DC 16∼28V
基板外形寸法75×110×15mm
質量60g
付属品保護カバー,DINレールアダプタ
戻る